楽しくないことを考えている時間は、楽しくない

最近話題のアニメ(原作は漫画)の「チェンソーマン」はご存知でしょうか。アニメ1期は舞台が1997年で、主人公は16歳の設定です。つまり1981年生まれ。ボクと同じ世代です。

彼が作中でボソッといったセリフが心に刺さりました。

「楽しくないことを考えている時間は、楽しくない。」

とても当たり前のこと。なのに、心に刺さった。視点を変えれば子供っぽい発言かもしれない。でも、いつからか大人になったボクは

「楽しくないことを考えておかないと、苦労するぞ」

といったような思考が染み付いていて、気づけばその思考が当たり前になっていたのかもしれないと、気づいたのでした。

裏を返せば

「楽しいことを考えている時間は、楽しい」

ということですから、楽しいことだけを考えて生きていきたい。

でも、そんなことを言うと、周りの大人に

「少しは真面目に将来のことを考えなさい」

みたいな、そんな呪いのような言葉を浴びてきたようにも思う。

「楽しい未来のために、いま、楽しくないことを考えなさい」

冷静に、整理してみると、こんな論理になるのでしょうか。これって、どーなんでしょうか。

自営業やお店を経営する時も、この考え方って大切だと思うんです。短期間だったら、楽しくないことを考えることも必要もあるかもしれません。でも、それが当たり前になってしまうと、そのお店の人はたのしくなさそうに仕事をしているだろうし、たのしくない表情にもなっている。

お客様だってバカじゃないんだから、対面して接客した時に、見透かされてしまうんだと思う。

なにより、楽しそうに仕事をしたり、楽しそうなことを考えている人は、キラキラしているし、そばにいたいなと思うし、またお店に行ってみようかな、と思ったりもしやすいんだと思う。

この積み重ねが、集客や売上や、魅力につながるんだなぁとこの頃思うのでありました。

甘いこと言っているな、と思われる場合もあるかもしれませんが、あなたが感じたことがきっと正解です。

念の為、まじめなことを補足させていただきます。ボク個人的な考えとしましては、楽しくないことを考えるタイミング(世代、環境、状況)もあるよね、ということです。それと、「楽しいことって何」ということを把握しておくことも大切だと思います。このあたりを疑問に感じましたら、ぜひチェンソーマンの第一話をご覧になってみてくださいませ。地獄を見た彼だからこそ言える、そして心に刺さるセリフだなとボクは感じております。

人生、楽しい時間が多いほうが、いいよな、と最近とくに思うので、こんなことを綴ってみました。

今回はこのへんで。

お問い合わせは LINE から気軽にお声掛けくださいませ。